借金返済できていますか?借金返済でお困りの方へ

任意整理

これは弁護士が貸金業者(債権者)と1社ずつ個別に交渉して、その時点での借金の元金を2年〜5年間の間に分割して毎月少しずつ返済していく内容で和解をする方法です。これを法律専門家では「任意整理」と言っています。この方法には、以下のような特徴があります

任意整理のメリット・デメリット

メリット

1)分割や利息のカットにより経済的再建の可能性が高まります。
2) 破産などでは全ての債務を対象とする必要がありますが、任意整理はあくまで私的な手続きなので債務を選べます。そのため、抵当権付の住宅ローンや保証人付きの債務を避けて債務整理をすることができます。
3)裁判所に提出する書類などが必要ないため、手続きが簡単にでき、債務整理終了までの 時間も短くてすみます。 また、専門家を利用する場合、交渉などは専門家が行うため本人の労力はきわめて少なくなります。
4)自己破産に対して間違った認識がされていることもあり、世間一般での破産のイメージは 良くありません。その点任意整理は同じ債務整理手続きであるものの、そこまで悪いイメージを持たれていません。
5)自己破産や民事再生よりも返済率が高いことが多いため、債権者の経済的損失が少なくてすみます。また、本人にとっても一応の返済実績ができ、自信となることでしょう。子供の借金を親が肩代わりしたような場合では、子供が再度借り入れを行い多重債務に陥るケースがよくあります。これは、自分で苦労して借金を返したという実績が無いことが原因の一つだと思われます。

デメリット

1)新たなローンやカードが利用出来なくなります。ローンやカードの利用制限は、5年から7年間と思われます。この制限は、全ての債務整理手続きに共通の不利益です。
2)?借金の金額があまり減らない時があります。あくまで任意の合意であるため、債権者に減額を迫る強制力がありません。取引期間が短い場合は、利息のひき直し計算をしてもほとんど債務は減りません。また、約定利息が利息制限法の範囲内の場合は一切元金が減らないことになります。

注目サイト

横浜でiPhone修理をするなら

最終更新日:2017/5/25

Copyright:(c)2008 正しく借金返済しましょ!. All rights reserved.