借金返済できていますか?借金返済でお困りの方へ

借金返済計画

金利を無駄に支払わずにすむ返済方法

複数の賃金業者や金融機関から借金をしていて、期日にその全てを返済するのが難しい状態になった場合、どれかを後回しにするしか手だてはありません。そういう場合でも金利をムダに支払わずにすむ方法を考えましょう。まずすべきことは、それぞれの借金の金利を全て確認しましょう。そして金利の高いものから順番に返済するようにしてください。これが金利をムダに支払わずにすむ返済方法の基本です!!「○○金融さんにはお世話になっているから」とか、「A金融の○○さんには親切にして頂いているから」などの理由で返済順序を決めてはいけません。とにかく利息を最小限に支払う方法は高金利から処理することです。他社借入が多いと、各ローンの金利もさまざまです。金利の高い借金を残すということは、利息を多く支払わなければならないということです。繰り返しますが、総額支払いをできるだけ低く抑えるためには、金利の高い借金から早めに片づけて行く必要があるのです。
きちんとした知識を持って望むことが大事です。場合によっては過払い請求ができたりする場合もあります。借金を払えずに夜中に引越し、なんてことを考えるよりももっとポジティブに考えましょう。まずは専門家に相談してみましょう。

返済金の充当順位を知っておきましょう!

毎月の返済金は利息+元金で構成されています。金融業者が返済金をどのように配分するかというと、まずは「利息」ということになります。諸々の諸経費があるとすればそれらが優先に充当され「元金」は一番最後と言うことです。たとえば、遅延損害金が発生した場合は、次回返済金はまず遅延損害金に充当し、残りの残金が元金に充当されます。貸し手側は利益第一なのです。最近消費者金融のキャッシングや銀行系のローンでも採用している「リボルビング返済方式」。これは一定の利用限度額の範囲内で自由に反復借入ができ、別途定める最小返済額以上返済する方式です。最小返済額の設定は各社違いがありますが、内訳は、利息+元金で構成されています。「最小返済額」と聞くと、一見とても楽な返済方法にも見えますが、利用方法を間違えると延々と借金を支払い続ける羽目になります。この返済方法もまた、返済金の充当順位は利息優先で例外ではありません。

長期返済の場合は繰上返済を利用しましょう!

完済までの期間が長いほど、支払わなければならない利息の総額は膨らみます。返済期間中にお金に余裕ができた(可処分金額が増加)場合、少しでも多く返済に充てるべきです。そうすることで返済期間を短縮することができます。なぜ繰り上げ返済が大切かというと、上記でも述べましたが、返済金の優先順位は「利息」です。毎月決まった支払額では、まずは利息に充当され、残金が元金に充当されます。繰り上げ返済は、約束以上の金額を支払うわけですから、その部分は全額が元金充当されます。余剰の支払いがあるとそれだけ残金が少なくなり、翌月の利息分も当然減少します。借金がある場合の臨時収入や予期せぬ収入は、繰り上げ返済に利用し、少しでも早く残元金を減少させるように心がけましょう。

Favorite

最終更新日:2017/5/25

Copyright:(c)2008 正しく借金返済しましょ!. All rights reserved.